スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会化について

20080509125448
20080509125440
20080509125432
20080509125424
20080509125416
オーナーさんに素敵なお名前をもうもらった子もチラホラ…♪
お名前決まったら、こちらでもその名前で呼んでいきます。
新しいおうちに行った時に馴染みやすいと思うから(*^_^*)

さて。
生後三週齢より始まると言われている「社会化期」。
べんひまっこたちもそろそろ社会化のお勉強をしていく時期です。
うちの方針としては、三週齢~五週齢の間は今までのように母犬や兄弟犬とのふれあいはもちろん、徐々に群れのリーダーである父犬やおばちゃん犬たちとのふれあいももっていきます。
自分をとりまく世界(空間)を広げていってもらう。
五週齢以後は家の外の世界も体験。
だっこしてお外を散歩してみたり、みんなで日光浴してみたり。
外の空気、音、ニオイ、いろんな刺激を与えていきます。
車にも乗せてみたり、家族以外の人にもさわってもらったり。
このころから個性もハッキリしてくるので、個別でおもちゃで遊んでみたりもします。

生後八週齢からはそろそろ巣立ち。
このころになると、子犬自身も親犬や兄弟犬たちから離別しても大丈夫!って感じになってきます。
社会化期は生後三ヶ月くらいまで続きます。
理想としては、最初の生後二ヶ月くらいまでは実家にて親犬や兄弟犬と一緒に生活して。
残り一ヶ月の社会化期は新しいおうちで新しい家族に順応していく期間に当てたい。
なので、うちでは八週齢(生後55日以降)を目安に、巣立ちの時期と考えています。

しかし…
あ~…
楽しみだなぁ(=^▽^=)♪
今のヨチヨチもかわいいけど、早く一緒に遊べるようになってほしいなぁ♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。