スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

約束

生まれてくる子犬を里親さんのところに出す上で約束してほしいことがあります。
普通に飼っていたらごくごく当たり前のことなんだけど…

『一生、家族の一員として愛情を持って終身飼養してくれること』

たとえ犬が事故や病気で障害をもったりしても、最後まで看病してあげてほしい。
しつけなどの問題で行き詰ったとしても、あきらめることなく一緒にがんばっていってほしい。

過保護にしてくれなんて言うつもりは全くありません。
その犬の犬生が終わるまで愛情を持って向かい合っていってほしい。
犬の最後を看取ってあげる覚悟を持って、犬を迎えてほしい。
自分が「飼いたい」と思って迎える犬なんだものね。
普通の感覚でいけばごくフツーの当たり前のことだと思います。

犬は機械ではなく生き物。
犬に「当たり」や「はずれ」はありません。
どの子もみんな、同じ「命」をもって産まれてくるんだもの。

また、飼養していく上でどうしても犬と一緒に生活できなくなった…という不慮の事態が起こった場合には必ず親元にその子を返してほしい。
出す子犬は、私達にとっては「孫」と一緒です。
自分の愛犬が命をかけて産んでくれる子。
わたしも惜しみない愛情と手間をかけて母犬と一緒になって育てていくつもりです。

そういうことを理解して、惜しみなく犬に愛情を注ぎ、犬に対してちゃんと責任を持てる方にだけ子犬を出すようにします。

♪聞きたいことやご意見などありましたら、右上のリンク内・お問い合わせフォームよりお気軽にメールくださいな~♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。